青汁の効用

青汁に使われるケールはスーパー野菜ともいわれる栄養価の高い野菜です。

ケールを使用した青汁には、さまざま効用が期待できます。
現代人は乳製品の摂取量は増えていますが、
骨粗しょう症患者の数も増えています。
カルシウムを摂っているつもりでも足りていないのです。

ケール粉末を使用した青汁はカルシウム摂取源として最適です。
ケール由来のカルシウムは、牛乳と同等の吸収率があるのです。

カルシウムを骨に沈着させるのはビタミンDが必要です。
ケールに含まれるビタミンDはカルシウムの骨への沈着を助けます。

糖尿病予防も期待できます。ユーグレナ おすすめランキング
マウスを使った実験で青汁を与えることで糖尿病への効果が期待できました。
青汁に含まれる食物繊維は、食事で摂った糖分の消化・吸収を穏やかにします。
ゆっくり吸収されるので血糖値の上昇も緩やかになります。

ケールに含まれるフラボノイド類には花粉症の症状を和らげる働きがあります。
食物繊維が免疫を担う腸内環境を整えて花粉症を改善することも期待できます。
花粉症を和らげるには、花粉が飛び始める季節の数か月前から飲み始めるとよいです。

野菜には抗酸化成分が含まれています。
青汁に加工しても抗酸化成分は残っていて、青汁に含まれる抗酸化成分がコレステロールの上昇を抑えます。
悪玉コレステロール値が高いと血液がドロドロになりますが、
青汁はコレステロール値を下げる働きもあり、血液がサラサラになることが期待できます。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.